NHKの朝ドラ「マッサン」観てますか? 世界で最初に、スコットランド以外でスコッチウィスキーを作ったメーカー

  • お問い合わせ・ご相談
  • 会社概要
  • アクセス
092-415-1515

HOME>スタッフブログ >NHKの朝ドラ「マッサン」観てますか? 世界で最初に、スコットランド以外でスコッチウィスキーを作ったメーカー

スタッフブログ

NHKの朝ドラ「マッサン」観てますか? 世界で最初に、スコットランド以外でスコッチウィスキーを作ったメーカー

2014.10.27

NHKの朝ドラ「マッサン」観てますか?
先週は、赤ワイン瓶の爆発騒ぎの煽りを食らって、全く売れなくなった太陽ワインを、たて直すか、撤退するかを、鴨居商店の鴨居社長が、主要な社員を社長室に呼び、議論させたシーンが有りました。
鴨居社長は、結論は言わずに、自由に社員達に発言させた。そして、太陽ワイン仕入先の住吉酒造社員の亀山が言った「「世間の見る目を180度変える」という言葉を切り出し、こう言います。
「皆が鴨居商店から目を離せんようになる新しい広告作ったろやないか!」
こういうと、社員たちは次々と新しい広告案やアイデアを出し始めます。そして、その場は高揚感に満ち、社員たちは目を輝かせて持ち場に戻りました….。

マッサンはニッカウヰスキーの創業者竹鶴政孝がモデル。鴨居商店はサントリーの前身の「寿屋」で、鴨居社長は鳥井社長。
鳥井社長は、「やってみなはらえ」で有名な、社員の潜在能力を引き出す天才経営者です。

「やってみなはれ」は、社員のアイデアを否定せず、とにかくやらせてみるということだけを知っていましたが、鳥井の社員のやる気を引き出させる手法は、車座の会議にあったことに驚かされました。
最初から「これをこうやって、ああやって、こうしてやってくれ!」と社長にいわれたのでは、社員もなんだかアイデアが出ないものです。
しかし、鳥井社長は、おそらく自分のアイデアよりも社員のアイデアのほうが優れていると確信していて、それを出させるために自らの意見を言わず、社員たちに自由に発言させる。
その言葉を切り取ってまた社員に投げかけ、さらに議論を深めさせる….。
う~ん、これって、某経営者団体で毎回やっている「グループ討論」とおなじじゃないか….(笑)

(127号メルマガより)

関連記事

no-images
スタッフブログ
2011.03.14
第81号【田上です】東北地方太平洋沖地震の被害者の方にお見舞い申し上げます
no-images
スタッフブログ
2015.01.15
明太子って、韓国の家庭料理が起源だったと思うけど、東スポの記者はご存じない!?
no-images
スタッフブログ
2011.02.11
第76号【田上です】ズボンがきつくなると家庭不和が
Archives