001.ザクザク儲かるホームページって?

  • お問い合わせ・ご相談
  • 会社概要
  • アクセス
092-415-1515

HOME>スタッフブログ >田上(がみぽん)ブログ >PodCast がみポンのザクザク儲かるホームページの作り方 >001.ザクザク儲かるホームページって?

田上(がみぽん)ブログ

PodCast がみポンのザクザク儲かるホームページの作り方

001.ザクザク儲かるホームページって?

iPhone用PodCastはこちら
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/id1615006748

がみポンのホームページ集客講座。

(田上)皆さんこんにちは、上級ウェブ解析士の田上です。

(山口)ナビゲーターの山口智子です。

さて、今日から番組がスタートしましたけれども、田上さんはどういう方なのか、リスナーの方にお伝えしたいので自己紹介をお願いいたします。

(田上)株式会社ワイコムパブリッシングシステムという、ウェブ集客とか、ホームページの制作サポートをやってる会社の代表でございます。会社は今年、令和4年の2月で25周年になりました。おかげさまでありがとうございます。今社員が10人ぐらいでやっておるんですけども、ホームページ作った数は、数えてはいないですけど600件から700件かあると思うんですけども。そこでうまくいったケースと、うまくいかなくて、お客さんに怒られたりとか、(いろいろ経験が)ありまして。

お客さんに怒られた結果、こちらで手直しして、(手直しする)以前よりも(格段に)良い状態にしたとかですね。いろいろ経験があるんです。

そういった経験をもとにしてホームページで、お客様から電話をかけてもらうためのホームページ、集客(サイトづくり)です。

世の中いろんな商品を売ってらっしゃる中小企業さんいっぱいあると思うんですけども、今飛び込み営業っていうのがもうちょっとなかなかしにくい時代になりまして、今すごく(テレアポの)電話がかかってくるようになりました。しかし、テレアポもなかなか効率の面では、商材によってはうまくいくケースもあるんですけど、(実は)なかなか(うまく成約に持っていくには)きつい世界です。しかも、テレアポの場合最初会ったときに、信頼関係を(一回で)ぐっと作るのかってところは、(実は)私不得意なんですよ。まずそうですね、(初回の面談に)1時間もかかったんですね。もう最初5分か10分で(信頼を作るのは)なかなか結構大変なんですよ。やっぱり、(ある種の)才能がいる世界(だと私は思っています)。

(ところが)、ホームページをしっかり作って、ホームページの中に自社のいいところとか、それから他社にない強みとかですね、過去の実績とか、そういったものを打ち込む(=掲載する)と、お客さんしっかり読んでいただけてて、最初に会ったときからもう信頼関係ができる。

もしかしたら、あだ名で呼び合うみたいなですね。

「たがみさん、あーどーもどーも」とかですね。

もうそれぐらいな(仲の良い)関係に(会う前からなる)状態で(面会に)入るので、その後の商談がすごく楽です。

(山口)お客さんにもそれぐらい信頼を持ってもらうページ作りが大切なわけですね。

はい。そうなんです。

そうすると、非常に営業が楽になります。最初から信頼をいただいた状態でお会いできて、具体的な話にどんどん入ってきます。

でもテレアポだと自己紹介をしっかりやって、(会って数分の間に)あなたすごいのねと思わせるところから(話だけで)やらないといけない。

(ウェブ上のコンテンツだけでそれができると、営業)スタイルや時間・労力が変わってきますよね。

(山口)そうすると、田上さんこの番組では、多分いろんな引き出しが田上さんはおありで、経験もおありなので、これまでの経験を踏まえて、いろんな情報をお届けすると思うんですが、どんな番組にしていきたいですか?

(田上)ホームページをですね、これから作らないといけないとか、あるいはホームページがなかなかうまく(集客ができて)いないというですね。そういうお悩み(をお持ちの)中小企業さんですとか、個人事業者さんも含めて、そういった方々に向けて、こうやったらうまくいくっていうことをお伝えして、ぜひこの「集客」のお悩みを解消していただきたい、という目的でいろいろお伝えしていきたいと思います。

(山口)集客って、一番皆さんが悩んでる、また気にかけてるところですよね。

(田上)そうですね。私も、(25年前の)開業したばかりの頃は、本当にお客様を作るのに苦労しましたね。まだインターネット集客がない頃だったんで、いろんな会合に出て名刺交換したりとか、今でもやってますけど、そういうことで苦労してやったんです。しかし、今インターネットで、ホームページしっかりつくるとお客さんの方からお電話をいただける時代に変わりましたので、もうこれを使わない手はないと思うんです。

実際にうちのお客さんも、月に5件、10件、20件、数は様々ですけども、見込み客さんから(お問い合わせの)電話がかかってきて、その後商談進めて大体打率3割から5割くらいの確率で受注されて、業績をじわじわと伸ばしている事例は多数あります。売り上げの半分はWebからの新規客で、(金額は年間で)億単位っていうお客さんもあります。

(山口)ただ作るだけでは駄目なわけですね。きっといろんなノウハウがあるから、そこのところを番組でちょっとずつお伝えしていくということですね。

(田上)ホームページを使って、成功するんだと。集客を成功させるんだと。(そのためには)お客さんの方からどうやったら、電話をかけていただけのるかっていう、高いゴールを設定してですね。

そのためには何が必要だって考えていくと、必ず成功できます。

(山口)番組を1回聞くごとに、どんどん集客力アップできるホームページ作りができるとイメージしていいんですかね。

(田上)その通りですね。

(山口)楽しみですね。そしてその情報もすごく楽しみなんですが、田上さん自身がですね、「がみポン」というあだ名もあって、またキャラクターがとても最高な方なのですよね。

(田上)最初に入った会社にですね、「ふくおか経済」っていう本があって、そこで2年ぐらい(勤めて)いたんですけど、そこに口の悪い先輩がいまして、「おい、がみポン」と(呼ばれてました)。

もう今ちょっと違う会社に勤めておられますけれども。

(山口)なるほど、そこについたんですね。

(田上)それが由来ですね。

(山口)ぜひリスナーの方も、「がみポン」と呼んででいただければと思いますし、また聞いてくださっているリスナーの方からも、どんどんホームページ制作とか(ウェブ)集客のこととか、お悩みお寄せいただきたいですよね。

(田上)はい、もう率直にお寄せいただいたら、解決策をご紹介しますので。

(山口)なので、ぜひホームページで集客でお悩みの方がいたら、この番組にもどんどんメールメッセージを寄せください。ということで、がみポンこれから番組よろしくお願いします。

(田上)頑張ります。

(山口)今日はありがとうございました

(田上)はい、ありがとうございました。

がみポンのザクザク儲かるホームページの作り方 第1回