導入・運用費について

システムはサーバ機、ソフト一式で月額約2万円(5年リースの場合)と低価格に抑えました。なお、この費用には、5年間にわたる、サーバとソフトウェアの保守費用も含まれます。

本システムは、通常のWindowsパソコンにすべてが導入できます。お手持ちの余っているパソコンでも動作はしますが、システムが着信履歴を取れなくなった場合、業務に多大な支障が発生しますから、専用のサーバ機の導入をお勧めします。

システムは、サーバ1台とソフト、電話着信履歴ユニットとルーター兼TA、そして、マンション管理人ワンコール管理ソフトが必要です。
作業費については、インストール作業費と保守費となっております。

 

【導入コスト例】 5年間の保守費含む 月額リース料 21,888

 

メーカー 機種名 型番 単価 数量 金額 仕様
Kanedaシステム CTI勤怠管理システム   498,000 1 498,000 ソフトウェア

サーバ

DELL

Precision T1600 145,024 1 147,785

2GB/250GB RAID1/

保障5年間当日4時間

着信端末

DELL

Vostro 260s 70,977 2 141,954

2GB/500GB/

保障翌5年間翌営業日

 着信履歴ユニット     36,500 1 36,500 ライセンス代含む
YPS システムインストール費   40,000 1 40,000  
YPS  保守費   50,000 5 250,000  
YAMAHA ルーター NVR500 37,800 1 37,800 保守用も兼用
合計         1,152,039  
5年リースの場合の月額         21,888  

 ※本構成は、管理社員100人程度までの場合を想定して試算しております。

  100人を越える場合は、管理する社員数によって構成を変える必要がありますので一度お電話にてご相談ください。

 

【別途必要なもの】


メーカー 機種名 型番 単価 数量 金額 仕様
NTT INS64     1  

ISDN回線(1本で2回線分)

新規を推奨

電話工事費     28,000 1 28,000 ビルの状態により異なります

>お気軽にどうぞ 無料相談受付