ウェブ販促の成功のためには、ページを増やすのが最重要項目~SEO対策は今やだれでも可能な時代に

HOMEへ 最新情報 セミナー 次回開催予定 終了報告 DVD販売講演依頼 なぜ、獲得できるのか?サービスコンセプト(企画)お客様の声これまでの実績制作の流れサービス案内
会社案内スタッフ紹介
採用情報スタッフブログ
お問い合わせお問い合わせ・ご相談ダイヤル


超カンタン!勤怠管理ソフト「ワンコール自動出勤簿」
販促成功通信バックナンバー 社団法人全日本SEO協会正会員
制作、更新・メンテナンス、保守まで一貫したサービスをご提供いたしております。
プライバシーポリシー特定商取引に基づく表記サイトマップ
中小企業、零細企業のための、ライバル企業に勝てるHP戦略構築なら、当社にぜひ、ご相談ください。
販促成功通信ブログ版社長ブログ「がみぽんの福岡市博多駅前3丁目ブログ」 ネットショップ開業サービス!パソコン&携帯対応ショッピングカート「Makeshop」15日間の無料お試し!【無料お申し込みはこちら】 チームマイナス6%に参加しています。
ステップメール自動配信CGI「楽メールEX」
 

ブログ > スタッフブログ > ホームページ役立ち情報 > ウェブ販促の成功のためには、ページを増やすのが最重要項目~SEO対策は今やだれでも可能な時代に

ウェブ販促の成功のためには、ページを増やすのが最重要項目~SEO対策は今やだれでも可能な時代に

SEO対策は、専門のノウハウを持った企業にお金を払って頼むと、裏技を使ってしっかり順位を上げてくれる。また、SEO対策は自社でやるのは技術的にむづかしい。

そう思われていた時代が長くありました。

実際、「被リンク」という、他のサイトからのリンクをたくさん貼れば貼るほど、面白いように順位がアップしていました。

たくさんのリンクを一括で付けることができ

るサービスやソフトも販売され、それを使うと1日で1000個リンクを増やすなんてことも、ものの1時間もあれば可能でした。

しかし、Google社はそのような、「意図的なリンク」を見破るようになりました。

3年くらい前から、Google社は検索エンジンの評価基準を大きく変え、以前は効果があった「被リンク」が、全くと言っていいくらい効かなくなってきました。「ペンギンアップデート」とか、「パンダ・アップデート」などと業界では呼ばれています。

よほどアクセスが集まるサイトからのリンクからしか評価をしなくなり、ちっちゃなサイトからのアクセスを増やしても、逆に順位が低下していく、なんてことさえ起こるようになりました。

こんにちは。田上です。

そんな時代でも、ホームーページの効果が落ちず、アクセスを集め続けている会社が存在しています。

それは、地道に自社ホームページに、ページをコツコツと増やし続けてきた企業です。

それも、担当者一人や、外注先にお任せではなく、自社社員全員での取り組みをしています。

福岡ではあまり見かけませんが、関東や中部、関西地域でのある業種では、1万ページのサイトがずっと1番の座を勝ち得続けているという事例が出てきています。

そうした企業では、ペンギンアップデートという言葉さえ知らないし、「SEO」という対策もほとんど取っていなかったといいます。

実は、このページを増やすということは、Google社のガイドでも明記されています。意図的なリンクは認めません、しかし、世の中の役に立つコンテンツはどんどん増やしてくださいと書いてあるのです。

以前の被リンクを増やす「SEO」は、本当は増やさないと行けないコンテンツアップを行わず、かなり楽をする方法でした。

でも、今やその楽をする方法は、時間の経過とともに役に立たなくなってしまい、結局やったことが水泡に帰すことが多くなってきています。

企業がこれからも、Googleのルール変動に翻弄されずにホームページのアクセスを獲得し続け、業績を安定させるための方法はどうしたらよいか。

それが、この「ページを増やす」ということなのです。

業種によっては、すでにHPからでしか新規顧客が取れなくなってきています。今からでも遅くはありません。

3年後、5年後には確実に大きな差がつきます。

ぜひ、いまから取り組んでみてくださいね。

お気軽にお問い合わせください。福岡のホームページ制作のお問い合わせ・ご相談ダイヤル 電話092-415-1515(受付時間/9時~18時 定休日/土日祝)
お問い合わせ


   
   


株式会社ワイコム・パブリッシングシステムズ
〒812-0011  福岡市博多区博多駅前3-6-12オヌキ博多駅前ビル3F
TEL:092-415-1515  FAX:092-415-1517
Copyright(C)1997-2017 YCOM PUBLISHING SYSTEMS Corporation. All Rights Reserved.